北朝鮮の平壌で11日、金正恩氏が朝鮮労働党第一書記、並びに国防委員会第一委員長に推挙されて4周年を記念する中央報告大会が開かれた。12日、朝鮮中央通信が報じた。

大会には、金永南(キム・ヨンナム)、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)の各氏をはじめ、朝鮮労働党や朝鮮人民軍(北朝鮮軍)、国家機関、政党の関係者や平壌市民が参加した。

大会では、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長(朝鮮人民軍次帥)が報告を行った。

黄炳瑞は、報告で、「(金正恩氏の指導の下)先端水準の威力ある打撃手段で装備された無敵の強兵にいっそう精鋭化された」と強調した。

また、「わが国を水爆まで保有した最強の強国に引き上げたのは、元帥(※金正恩氏)が祖国と民族のために、チュチェの革命の勝利と人民大衆の自主偉業のために積み上げた業績の中の偉大な業績である」と金正恩氏を賞賛した。

来月開催予定の朝鮮労働党第7次大会については、「金正恩元帥の周りに一枚岩的に結集して朝鮮労働党第7回大会を高度の政治的熱意と前例のない勤労の成果で輝かし、チュチェの革命偉業の最後の勝利と統一強盛大国の未来を早めるために総突撃、総邁進しよう」とアピールした。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥の朝鮮労働党と国家の最高の首位推挙4周年慶祝中央報告大会

【平壌4月12日発朝鮮中央通信】金正恩元帥の朝鮮労働党と国家の最高の首位推挙4周年慶祝中央報告大会が11日、平壌の人民文化宮殿で行われた。

大会には、金永南、黄炳瑞、朴奉珠の各氏をはじめ党・国家・軍隊の責任幹部と朝鮮社会民主党中央委員会の委員長、平壌市内の党中央指導機関のメンバー、最高人民会議の代議員、党・武力・政権機関、社会団体、省・中央機関の幹部、朝鮮人民軍、朝鮮人民内務軍の将兵、平壌市内の機関、工場・企業所の幹部、労働革新者、市民が参加した。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長(朝鮮人民軍次帥)が報告を行った。

報告者は、金正恩元帥を朝鮮労働党第1書記、共和国国防委員会第1委員長に推挙したのは党と祖国と民族の前途に偉大な繁栄の新たな歴史を開いた特記すべき出来事であり、革命的大慶事であったと述べた。 また、金正恩元帥を党・国家の最高の首位にいただいたのでチュチェの革命、先軍革命の命脈がしっかりとつながり、偉大な金日成・金正日同志の党と国家としての革命的性格が揺るぎなく守られ、新たなチュチェ100年代進軍の必勝の保証がもたらされたと語った。

そして、金正恩元帥は百勝の先軍革命指導で自衛的国防力を百倍、千倍に打ち固め、祖国と民族の尊厳と自主権をしっかり守る鋼鉄の総帥であるとし、次のように強調した。

全軍金日成・金正日主義化を軍建設の総体的任務とした金正恩元帥は、4大強兵化路線をはじめとする独創的な軍建設の思想・理論を打ち出し、人民軍を祖国防衛、革命防衛、人民防衛の威力ある霊剣に非常に強化した。

金正恩元帥の指導の下、われわれの革命武力は党の唯一的軍指揮体系が確立した革命的党軍、白頭山の革命信念と赤旗の精神で満装弾された思想と道徳の強兵に、先端水準の威力ある打撃手段で装備された無敵の強兵にいっそう精鋭化された。

金正恩元帥は、名射手、名砲手運動の炎を燃え上がらせ、多くの作戦戦闘訓練も自ら策定、指揮して全軍に白頭山訓練熱風を巻き起こしてすべての軍人を金日成・金正日軍事戦略・戦術と英雄的戦闘精神、完ぺきな実戦能力を身につけた現代戦のエキスパート、真のつわものに育てた。

金正恩元帥は、新たな並進路線を打ち出して国防工業の主体化、現代化、科学化の水準を絶え間なく高め、朝鮮式の多様かつ威力ある武装装備をより多く開発、生産するように精力的に導いて自衛的国防力の物質的・技術的土台をより強固に打ち固めた。

わが国を水爆まで保有した最強の核強国に引き上げたのは、元帥が祖国と民族のために、チュチェの革命の勝利と人民大衆の自主偉業のために積み上げた業績の中の偉大な業績である。

報告者は、金正恩元帥は、特出した政治実力と老熟かつ洗練された指導で偉大な創造と変革の時代を開き、強盛国家建設大業の新たな跳躍台を築いている 偉大な政治家、指導の巨匠であると述べた。

また、すべての党員と人民軍将兵と人民は不世出の偉大な指導者を党・国家・軍隊の最高の首位に高くいただいた民族的誇りを抱いて金正恩元帥を政治的・思想的に、生命を賭して擁護、防衛し、ひたすら衷情を尽くして従わなければならないと語った。

そして、わが軍隊と人民はわれわれの前進を阻み、われわれの思想と偉業、社会主義制度を抹殺しようと狂奔する米帝とその追随勢力の無分別な挑発策動をいささかも許さず、正義の力で断固と粉砕し、祖国の自主的統一と世界の平和と安全、人類の自主偉業のために積極的にたたかうと強調した。

さらに、こぞって、金正恩元帥の周りに一枚岩的に結集して朝鮮労働党第7回大会を高度の政治的熱意と前例のない勤労の成果で輝かし、チュチェの革命偉業 の最後の勝利と統一強盛大国の未来を早めるために総突撃、総邁進しようとアピールした。

    関連記事