北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、「米国こそ、われわれを核保有と強化へと進ませた張本人である」 と主張しながら、核保有に至った原因を米国に責任転嫁した。

同通信は論評「無慈悲な核先制攻撃で対応する」を通じて、「朝鮮半島に史上最悪の緊張状態が生じ、核戦争の危険が差し迫っている」と指摘しながら、「『北の縦深内陸進攻作戦』と『平壌占領作戦』『斬首作戦』『精密打撃訓練』が公然と強行された。米国と南朝鮮かいらいのこの無分別な妄動はわれわれの最高の尊厳に対する最も露骨な正面切っての挑戦であり、共和国に対する公然たる宣戦布告である」と米韓を非難した。

また、「徹頭徹尾、朝鮮革命の最高首脳部をあえてどうにかしてみようとする米国・南朝鮮合同軍事演習とホワイトハウスの対朝鮮敵視政策にある」「米国こそ、われわれを核保有と強化へと進ませた張本人である」と、朝鮮半島の対立の責任は米韓にあり、北朝鮮が核保有に至った根源は米国にあると主張した。