今月28日は北朝鮮の青年節だ。今年は82周年である。

青年節はもともと、2月1日社労青記念日(朝鮮社会主義労働青年同盟)という。この記念日を1991年2月に、中央人民委員会の政令で8月28日青年節に変えた。

当時中央人民委員会は、「金日成将軍様が抗日革命闘争の時期に、青年運動の発展で画期的な意義を持つ、朝鮮共産主義青年同盟を結成した1927年8月28日を記念して、この日を青年節に指定する」と発表した。

北朝鮮の若者の間では1年の心配ごとを、青年節だけは忘れて過ごそうと言われている。なぜだろうか。

この日北朝鮮中央青年同盟委員会は中央慶祝記念報告会を開く。北朝鮮の労働党の機関紙、労働新聞を含めて、内部の宣伝媒体は一斉に青年節を慶祝する内容の記事や映像を出す。また、テレビを通じて青年事業を実施した「金父子」の業績を宣伝し、各分野の青年たちの功績などを盛り込んだ「記録映画」も上映する。

北朝鮮はこの日を記念して、労働の現場で働いている青年たちは、午前中半日休めるように便宜を図る。大学生や軍人、別の職場に所属している青年たちは1日休む。また、各分野の青年たちが自分たちの実情や条件に合った、さまざまな競技や芸術活動、野遊会などを組織する。

そのため、この日くらいはつらい一日を忘れて、若さとロマンを満喫しようという若者が多い。年配の人も、「今日は騒がしいねえ」と言いながら、それとなく聞いてくる。

青年たちがたくさん集まっている大学や工場、企業所の青年組職では、芸術競演や体育競技などが組織される。費用はそれぞれの青年の会費をあてる。生産品などがある工場や企業所では、青年節の行事のために物質的な支援をする。

平安道の新義州第2師範大学の学生たちはこの日、クラスごとに資金を集めて、鴨緑江周辺で野遊会を開く。その時、学生たちが必ず持ってくるものがある。一緒に食べる料理と録音機だ。

この日だけは、学業や不安定な経済に対する懸念を忘れて、つかの間だが余裕を持って過ごし、楽しみたいというのが北朝鮮の青年たちの心情だ。

師範大学の学生たちは準備した料理を食べて、録音機から流れる音楽に合わせて歌や踊りを楽しむ。彼らが歌う歌は韓国の歌「風, 風, 風」や「あの時あの人」、「愛の迷路」などだ。

鴨緑江閣(丹東の鴨緑江遊覧船乗り場の正面に見える建物)に行くと、川端に座っている人はすべて保衛員と保安員だと言われるほど監視が厳しいが、この日だけは青年たちの遊びにも気付かないふりをしてやっている。

国内に入国した新義州大学出身の脱北者、リ某さん(30)は、「2007年の青年節の日、友達と鴨緑江閣の周りで野遊会を開いた」と言い、「準備して持って行った料理をおいしく分けて食べて、友達と綱引きやしっぽつかみ、足首を縛る競走などいろんなゲームをした。北朝鮮の歌はほとんど荘厳なものだったりマーチなので、韓国の歌を聞いて楽しく踊ったりした」と話した。

Aさんは、当時のエピソードも聞かせてくれた。一緒に遊びに行った友達が、お酒を一杯ずつ飲んで競技をしながら遊んで、ひどく酔っ払ってしまった。酔ったAさんは野遊会の後家に帰る時、友達に「韓国の歌は本当に楽しいなあ。ここ北朝鮮の歌はとても硬くてつまらないのに、韓国の歌は感情が良く出ていて自然と踊りたくなる」と言って、「愛の迷路」をしきりに口ずさんでいた。

「それだけ念を押しても、愛は理解できません。愛で目が見えなくなった胸は、1つの真実に泣きます。あなたの小さな胸にまいた愛」と歌っていたら、驚いたことに目の前に保安員が仁王立ちに立っているではないか。Aさんとこの保安員は普段から知り合いだったので、会ったら挨拶する仲だった。

突然現われた保安員が、「やあ、お前。今何の歌を歌っていたんだ」と言ったので、驚いたAさんと友達は目をしばたたかせて、「え、何の歌ですって」と聞いた。すると金保安員は「おい、このやろう。お前たち、さっき韓国の歌を歌っていなかったか」といきなり大声を出した。

酒に酔っていた2人は気が動転していたが、金保安員をうつろな目で眺めて体を揺らし、「何ですか、韓国の歌ですって。何が韓国の歌ですか。ところで保安員同志は、何で韓国の歌だって分かるのですか」と聞き返した。

普段から生真面目で言葉数も少なかったこの保安員は、その言葉を聞くと荒てて黙ってしまったが、「おい、保安員は韓国の歌を知っていなければ、お前たちのようなやつを取り締まれないだろう」と答えた。

Aさんは保安員に、「ところで、私たちが歌った歌は韓国の歌なんですか。私たちはこれが韓国の歌ということも知らなかったのですが。ただ他の人達が歌っていたので、チェポ(北送在日朝鮮人)の人たちの歌だと思って歌っていました」と言った。

毎年、金日成の誕生日である4月15日には、「4月の春親善芸術祝典」が開かれる。ここに参加した総連系の在日朝鮮人の人たちは、さまざまな歌を創作して来て公演で披露する。北朝鮮の硬い音楽のスタイルだけに慣れている北朝鮮の住民にとっては、彼らの歌が新鮮でずっと心地良い。そのため、毎年4月の祝典が終わると、みんなが在日朝鮮人の芸術家の歌を書きとって頭に入れようとするのだ。

しらんぷりをして、韓国の歌を「チェポの歌」だと思って歌ったというAさんの言葉に、何も言えなくなったこの保安員は、「こいつ、歌を歌う時はどういう曲なのか知ってから歌え」とどやしつけて帰って行ったという。

その時のことを話してくれたA さんは、「今はそういうことが頻繁にある。甚だしくは、軍人たちも娯楽会を開いて、全部韓国の歌を歌ってダンスをして、軍官(将校)たちは聞いていない振りをしている」と言い、「保衛部や保安員もみんながそうだから、中央党の検閲やモデルケースにだけひっかからなければよい」と証言した。

北朝鮮で軍に服務して、満期除隊した脱北者のB さん(28)は、「私が服務していた部隊(108号訓練所)では、毎年青年節が来ると、大隊に集まって中隊別に体育競技をした」と言い、「この日は朝からほとんど1日中、ボールを持って走り回っていたのを思い出す」と話してくれた。

北朝鮮軍の部隊の多くで、このようにサッカーやバレーボール、バスケットボール、格闘など球技の種目や軍事種目ごとに競技が行われる。サッカーは中隊別に戦って決勝まで試合をするので、時間がかかって昼食の後も競技は続き、午後3時か4時にやっと全試合が終わるという。

夕方には1時間~1時間半程度舞踏会が開かれるが、「金日成将軍の歌」や「金正日将軍の歌」、「遊撃隊行進曲」など金父子を称える曲や、軽快で明るい歌に合わせてダンスをするそうだ。

脱北者のC さん(23歳)は、「中学生の時、青年節の日は青年同盟員だけ(中学校4年生以上)休んだ(一部の学校では1日休校する場合もあった)」と言い、「この日は体育大会を組織して、馬乗りや統一列車(足首を縛って競走すること)、チェギ蹴り、たこ揚げなどさまざまな競技をした」と語った。

また、競技が終わったら友達どうし川辺に遊びに行ったり、1ヶ所に集まってお金を集めて食べ物を買って食べて遊んだりしたが、中学生もやはり歌う歌は全て、韓国の歌だったという。

韓国の歌手、ナ・フナの「雑草」や江村の人たちが歌う「岩島」も、1990年代中盤から北朝鮮の人の間で広く歌われた。青年節は文字通り、金日成の抗日精神などを宣伝する日だが、青年たちが穏やかに1日休める日であり、彼らにとってはそれ以上でもそれ以下でもないようだ。