最近、北朝鮮の教育省は‘優秀な民族の言葉を生かすために、国語の授業を強化して、我が民族の固有の言葉を積極的に奨励しなければならない’という指示を各学校に下したと、内部消息筋が5日伝えた。

消息筋はこの日、記者との通話で、“職場に行ったら’我が民族の優秀な美風良俗と、固有の民族の言葉を積極的に生かして使おう’という題の解説資料が読まれた”と伝えた。

北朝鮮の代表的な言語学者である、社会科学院言語学研究所のチョン・スンギ教授は、北朝鮮の雑誌’文化語学習’(2007.3号)への寄稿文で、“私たちの民族の言葉は、北と南で互いに異なる道を歩み、その差がますます拡大している”と述べ、英語と漢文崇拜思想の排除を主張した。

消息筋は北朝鮮政府の‘民族語’と‘国語’の強調は、2000年代に入って流行り始めた中国語と韓国のドラマを通じた、外来語の氾濫への対策と思われると伝えた。

1990年代半ばの食糧難以後、脱北者や中朝貿易、中国の商人たちの北朝鮮への投資が急増し、中国の文化が流行り始めた。北朝鮮の若者の間で、中国映画や中国の商品、中国語を学ぶための熱気が高まり、個別の商品の名前も中国語をそのまま使うのが一つの風潮になった。

北朝鮮では、‘リモコン’を北朝鮮政府が翻訳した‘遠隔操縦機’とは言わない。中国語の発音どおり、‘ヨクンジ(搖運機)’または‘ヨクン(搖運)’と言う。

携帯電話も、北朝鮮式の言い方、‘手電話’の代わりに、中国式の‘タグダ(大可大)’や‘ソジ(手機)’と呼ぶ。ジーパンは‘ユザク’ズボン、国境地帯では冷蔵庫を‘ピンシャン(氷箱)’と言い、VCDは‘ウォイシディ’と言う。‘タルリ’(ナイロンの布)、‘グホン’(リップスティック)などの商品名や、多くの医薬品の名称も中国式に変わった。

だが、2003年からこうした中国文化の流行が韓国文化に移り始め、最近ではその速度が更に進んでいると消息筋は伝えた。最大の変化は、韓国を昔のように南朝鮮と言わずに’韓国’と呼んでいる点だ。2000年代初頭から平壌の若者たちが、’南朝鮮’という呼称は野暮ったいと言うようになったという。

消息筋は“中国の文化が流行遅れになりつつあり、韓国の文化がそれに取って替わる傾向が見られる。住民の間で、韓国の映画や韓国の商品に対する需要が急増し、韓国ドラマを通じて知った言葉が流行っている。中国よりも韓国がよい暮らしをして、同じ民族だから、より同質感を感じるようだ”と説明した。

この消息筋は、“食堂で‘食事案内’や‘食事普fという言葉を使う人はいない。今では多くの人が‘食事普fという言葉よりも‘メニュー’という言葉を使うからだ”と言った。

更に、“韓国文化の急速な普及は、北朝鮮政府が名付けた’手電話’が中国式の名称‘ソジ(手機)’になった後、韓国式の表現である‘携帯電話’に早くも変わっていることからも分かる。市場で‘クックー(電気炊飯器の商標)’や‘カラーテレビ’など、韓国式の名称が、何の統制も受けずに使われている”と語った。

最近、北朝鮮国内で人気がある韓国の言葉は何か問うと、“ダイエット、ウェルビーイング(健康食)、ミュージックビデオ(踊りながら歌うビデオ)、ソーセージ、シングル(独身)、ワイフ(妻)、ドレス、ポップソンO、ファストフード”などだと答えた。

咸鏡道キョンソン郡出身で、最近韓国に入国した脱北者、キム・ギョンウク(仮名 32歳)氏もこのような事実を確認した。

キム氏は“以前は精神的に大変なことにあったら、‘陰鬱だ’という言葉を多く使ったが、最近若者たちは‘いらいらする、ストレス’という言葉を使っている”と延べ、“年長の人たちもこの言葉の意味をすべて知っている。わずか3年前までは北朝鮮の人は、韓国映画を見て、‘ストレス’がどういう言葉なのか分からなかった”と言った。

脱北者たちによれば、ミスコリア(きれいな女性)、‘ショーをする(演劇、にせ物だ)’、‘私が撃つ(私が払う)’、‘活気ある(情熱的だ)’、‘シングル(独身)’、ワイフ(妻)など、韓国ドラマに出てくる新しい言葉が若者を中心に使われるようになったという。

これについてキム氏は“韓国のドラマや歌を鑑賞する人たちは、韓国の言葉にかなり関心を持ち、それを受け入れて理解しようと努力する。そして、政府の統制を離れて、できる限り実践してみようと努力している”と語った。

こうした韓国式の言語の普及は、北朝鮮の人たちの間で、韓国に憧れて改革と開放を追求する気持ちが高まっていることを見せていると脱北者たちは言う。

脱北者同士会のイ・チョルミン運営部長は、“厳しく制限された世界で過ごしていて、外部の文化に接すれば、非常に新鮮な衝撃を受けることになる。また、発展した社会と文化に憧れることは、当然の心理と思われる”と述べ、“そうした好奇心や韓国語の拡散は、北朝鮮の変化だけではなく、南北の異質感の解消にも多く寄与できる”と肯定的に評価した。