北朝鮮当局は150日戦闘の一環として、草堆肥生産に住民を動員している。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、北朝鮮当局は、7月20日から8月30日までを草堆肥の生産期間と定め、国営工場、企業所、洞事務所(末端の行政機関)に住民を動員させている。

勤め先から指名された人は、農場に行って草堆肥を作る作業に従事する。求められる生産量は、17歳以上の成人の場合1人当たり1トンだ。終わったら作業に参加したことを証明する確認書を受け取る。

工場に勤めている人たちは、工場単位で指定の農場に行って、草堆肥を生産しなければならない。扶養家族は、洞事務所か指定した農場に行って草堆肥を生産しなければならない。工場の企業所は市内から遠く離れている農場に行き、洞事務所は市内から近い農村に行っている。

道内の会寧(フェリョン)市の産業洞(サノプトン)の住民は、近郊の金生(クムセン)協同農場まで毎日通う。会寧穀産工場の従業員は、豊山里(プンサンリ)や五柳里(オリュリ)の協同農場が遠いため、泊まり込んで作業にあたる。

草堆肥の生産には住民全員が駆り出される。市の農村経営委員会が生産量を細かくチェックするので、ワイロでごまかすのは難しくなった。このように年がら年中堆肥の生産に駆り出されているというのに、肥料も食糧も不足している状況に何ら改善は見られない。

北朝鮮は肥料不足の問題を解決して、酸性化した土地を改良するために、毎年様々な生産計画を立てて住民を動員している。草堆肥の生産以外にも腐葉土1トン当たり尿素肥料50キロを作る黒補酸肥料を生産したり、焼いた土を作る焼土生産、「フッカリ」と呼ばれる腐葉土生産などに住民が動員される。

それ以外に、金日成が直接指示した「12種類の下を掘る」キャンペーンも行われる。このキャンペーンは堆肥を集める作業で、「豚の檻の下を掘る」「便所の下を掘る」「オンドルの下を掘る」「ゴミ収集場の下を掘る」など12種類の作業を促すものである。

    関連記事