北朝鮮が18日早朝、ノドンと推定される弾道ミサイルを発射、日本海に落下した。2発目も発射されたが、こちらは上昇段階で空中爆発したと見られる。ノドンの飛距離は最大で約1300キロとされ、日本の多くの地域が射程に入る。

1993年、北朝鮮が初めてノドンを試射したときの大騒ぎは今も思い出される。第1次核危機が始まっていたこともあり、日本政府は北朝鮮のミサイル開発を直接の安保危機と認識。公安警察は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に対する捜査マニュアルを極秘裏に作成し、「600億円送金説」の解明に突き進んだ。

(参考記事:警察庁「対総連捜査マニュアル」はいかにして作られたのか…時代背景と「600億円送金説」

しかし当時と比べると、日本政府や世論は、北朝鮮のミサイルにすっかり慣れてしまったようにも見える。