英紙・ガーディアンは15日、世界で最も影響力のある大富豪たち(20歳から35歳まで)を発表。「誕生から比較的短期間で世界の状況を著しく変えた大富豪」のトップとして、「33歳の北朝鮮のリーダー」金正恩第1書記の名前を挙げた。

正恩氏に続き2番目に言及されているのはフェイスブック創業者マーク・ザッカ-バーグ氏(31歳)で、3番目は22歳の歌手ジャスティン・ビーバーさん。

もっとも、ガーディアンは正恩氏について皮肉たっぷりに、こう述べている。