国連安保理の制裁対象となっている北朝鮮の船舶の多くがレーダーから姿を消したと、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じた。

全世界の船舶の出入りや位置情報を表示する「マリントラフィック」によると、今月3日の時点では過去24時間の位置情報が確認できた北朝鮮船舶は15隻だったが、4日を前後して8隻の位置情報が確認できなくなったという。

デイリーNKジャパンで調べたところ、北朝鮮の貨物船「テピョンサン」号は、2月13日から3月4日19時まで上海港に停泊していたが、出港。6日17時42分に上海沖の長江口にいたのを最後にレーダーから姿を消した。

レーダーによる追跡から逃れるため?

航行中の船舶は、国際協定に基づき、AIS(船舶自動識別装置)の電源を常に入れておくことを求められている。しかし、違反に対する罰則規定はない。

    関連記事