核やミサイル、そして人権問題などで国際社会の圧力が高まると、緊張を煽り、国内の団結を訴えながら内部統制を図るのは北朝鮮の常套手段だ。先日の朝鮮人民軍(北朝鮮軍)最高司令部や国防委員会の声明で、勇ましい主張を展開した背景には、こうした狙いがある。

(参考記事:金正恩氏、「斬首作戦」にビビりながら朴槿恵氏を罵倒

しかし、今度ばかりは、お得意の統制手段が、金正恩第一書記への「不信感」という思わぬ副作用を生み出すかもしれない。