金正恩氏は、父・金正日総書記でさえできなかった党大会の開催を通じて、内外に自らの権力を誇示する思惑を持っているようだが、このままでは大会を開く資金確保に頭を悩ませることになりかねない。

一部の庶民からは、「資金繰りに困った北朝鮮当局が、石炭輸出ストップの穴を麻薬の密輸で埋めるのでは?」という物騒な見方すら出てきている。

北朝鮮当局は、表向きは違法薬物、とりわけ覚せい剤を厳しく取り締まっているが、庶民の間では相変わらず蔓延しており、手っ取り早い外貨稼ぎとして「覚せい剤」の密輸などに手を出してもおかしくはない。

(参考記事:北朝鮮女性の間で「覚せい剤ダイエット」が流行中

北朝鮮当局は、制裁によって生じる内部矛盾の矛先を国際社会へ向けようとしている。しかし、北朝鮮民衆自身も矛盾の元凶が、北朝鮮独裁体制そのものにあるのではないかと薄々気づきつつある。つまり制裁が、金正恩氏への不信感、いや「反感」を招くかもしれないのだ。

(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事