北朝鮮の朝鮮中央通信は4日、金正恩第一書記が、新型大口径放射砲(多連装ロケット)試験射撃を現地で指導したことを報じた。

新型大口径放射砲試験発射を現地指導する金正恩氏(2016年3月4日付労働新聞より)
新型大口径放射砲試験発射を現地指導する金正恩氏(2016年3月4日付労働新聞より)

試験射撃を視察した金正恩氏は、「今、敵がわれわれの尊厳と自主権、生存権を傷つけようと発狂し、いわゆる『斬首作戦』と『体制崩壊』のような最後の賭けに出ていることからして、情勢はもはや傍観できない険悪な状況に至った」と述べながら「われわれの軍事的対応を先制攻撃的な方法にすべて転換させる」と主張した。

さらに、「朴槿恵がアメリカのやつらと相槌を打って、無謀な武力増強劇を繰り広げ、『先制攻撃』まで云々しているが、これは誰が見ても馬鹿げていて愚かなことだ」としながら「朴槿恵の狂気は、最終的に自滅の道を促すことになるだけだ」と、韓国の朴槿恵大統領を名指しで非難しながら核兵器について次のように強調した。