インフルエンザが東アジア各地で猛威をふるっている。日本では2月17日の時点で、鳥取県を除く全域でインフルエンザ警報が発令された。韓国政府の疾病管理本部は21日、インフルエンザ患者が前の週に比べて3割も増加したとして、インフルエンザ急増注意報を発令した。

北朝鮮製のペニシリン
北朝鮮製のペニシリン

治療薬も「自力更生」

一方、北朝鮮でもインフルエンザが大流行していると伝えられる。しかし、医薬品が不足する北朝鮮では、「自家製のインフルエンザ治療薬」で対処せざるを得ない状況だ。

平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋によると、1月に大流行していたインフルエンザが2月に入ってもその勢いが止まらない状況だ。これと言った拡大防止策は取られておらず、患者は治療を受けられないまま市場に出掛けており、流行の拡大は続きそうな状況だ。

しかし、国営病院の医師たちは何もせずに手をこまねいて見ているだけだ。北朝鮮の庶民たちは、薬もなく、診察にワイロが必要な国営病院には行かず、症状を見てインフルエンザにかかったかどうかを自己判断する。薬が必要ならば、市場に行って個人業者が製造した薬を買って服用する。そんな中、最近人気を集めているのは、そんな業者が製造したペニシリンだ。

もちろん北朝鮮の国営企業でもペニシリンは製造されている。平安南道の順川(スンチョン)製薬工場で作られたものは、平壌製薬総局や軍の「4号倉庫」に納品されるが、一般の市場に出回ることはあまりない。

そこで個人業者は、工場からペニシリンの濃縮液とブタノールを購入し、ペニシリンを製造するのだ。製造機械も所有しているというから、決して零細業者とは言えない規模だ。製造されたペニシリンは、別の業者に卸され、そこでアンプルに詰められ、ラベルを貼られて市場の店頭に並ぶ。

値段は1本650から750北朝鮮ウォン(約9.75円~11.25円)。国営工場製の1000北朝鮮ウォン(約15円)に比べると格安で、供給量も豊富なので、よく売れているという。

一方、ペニシリンではなくブドウ糖を入れた「ニセペニシリン」も売られており、知らずに買わされた人が使用して重態に陥るケースもあるという。本来、国が担うべき、医薬品の製造や管理ができていないため、個人業者が製造に乗り出し、その穴を埋める形になっているが、医薬品の供給はできても、管理がなされていない状況には変わりはない。

これが金正恩第1書記がしきりに口にする「人民愛」の実態だ。

    関連記事