インフルエンザが東アジア各地で猛威をふるっている。日本では2月17日の時点で、鳥取県を除く全域でインフルエンザ警報が発令された。韓国政府の疾病管理本部は21日、インフルエンザ患者が前の週に比べて3割も増加したとして、インフルエンザ急増注意報を発令した。

北朝鮮製のペニシリン
北朝鮮製のペニシリン

治療薬も「自力更生」

一方、北朝鮮でもインフルエンザが大流行していると伝えられる。しかし、医薬品が不足する北朝鮮では、「自家製のインフルエンザ治療薬」で対処せざるを得ない状況だ。