また、金正恩氏は、コンサートに満足し、70周年を迎えた楽団のすべてのメンバーを熱烈に祝いながら、次のように述べたという。

「金正日総書記が軍楽団のコンサートを重ねて指導しながら、われわれの軍楽を軍隊にふさわしく、火薬のにおいが漂う軍楽、世界一流の軍楽に発展させてくれた」

「朝鮮人民軍軍楽団は国家の顔、わが軍隊の象徴であり、千万の軍民の心に革命熱、闘争熱をもり立てる威力ある武器である」

コンサートには、金己男(キム・ギナム)、朴永植(パク・ヨンシク)、李明秀(リ・ミョンス)、チョ・ナムジン、リョム・チョルソン、趙慶喆(チョ・ギョンチョル)の各氏と人民軍将兵が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩最高司令官が朝鮮人民軍軍楽団の創立70周年記念コンサートを鑑賞

【平壌2月23日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党第1書記、共和国国防委員会第1委員長の金正恩・朝鮮人民軍最高司令官が、朝鮮人民軍軍楽団の創立70周年記念コンサートを鑑賞した。

    関連記事