北朝鮮で17日、長距離弾道ミサイル「光明星4号」の発射に関わった関係者に対する党・国家表彰の授与式が行われた。朝鮮中央通信、労働新聞が19日に報じた。

国家表彰授与式で演説する金正恩氏(2016年2月19日付労働新聞より)
国家表彰授与式で演説する金正恩氏(2016年2月19日付労働新聞より)

朝鮮中央通信によると、金正恩第一書記が授与式に参加。授与式の開始を宣布し、祝賀演説を行ったという。

演説で、金正恩氏は、「偉大なわが国家の自尊と権威、強くて勇ましい人民の不屈の気概を広闊(かつ)な宇宙万里にこれ見よがしに誇示した宇宙征服者たちは愛国者の中の愛国者、チュチェ朝鮮の立派な英雄である」としべながら、「朝鮮労働党と革命のために一身をなげうつ赤い科学戦士たちの愛国心を重んじる」と強調した。

勲章などを授与する金正恩氏(2016年2月19日付労働新聞より)
勲章などを授与する金正恩氏(2016年2月19日付労働新聞より)

さらに、金正恩氏は、5月に予定されている朝鮮労働党第7回大会について、「勝利者の大会、栄光の大会に輝かすうえで宇宙科学部門が旗印を掲げなければならない」としながら遂行のための具体的な課題と方途を提示したという。

また、「宇宙征服の道は単なる科学の道である前に、革命の道、自主、自立の道であり、金日成主席と金正日総書記の遺訓を貫徹するための領袖擁護戦、党政策死守戦であり、われわれの平和と自主権を奪おうとする敵対勢力との熾(し)烈な階級的闘争である」と強調した。

授与式では、金正恩氏が、光明星4号打ち上げの成功に貢献した関係者に「金正日勲章」と「共和国英雄称号」「金星メダル」および「国旗勲章第1級」を直接授与した。

同日の午後には、関連部門の科学者、技術者、労働者、幹部に対して「金正日賞」「金日成主席のネーム入り腕時計表彰」「金正日総書記のネーム入り腕時計表彰」「朝鮮労働党の金正恩第1書記の表彰状」「朝鮮人民軍の金正恩最高司令官の表彰状」が授与されたという。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

「光明星4」号打ち上げの成功に寄与した科学者、技術者、労働者、幹部に対する党・国家表彰の授与式

【平壌2月19日朝鮮中央通信】地球観測衛星「光明星4」号打ち上げの成功に寄与した科学者、技術者、労働者、幹部に対する党・国家表彰の授与式が17日午前、平壌の万寿台議事堂で行われた。

朝鮮労働党第1書記、共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥が授与式に参加した。

金正恩元帥は、科学者、技術者、労働者、幹部に対する党・国家表彰の授与式の開始を宣布し、祝賀演説を行った。

元帥は、偉大なわが国家の自尊と権威、強くて勇ましい人民の不屈の気概を広闊(かつ)な宇宙万里にこれ見よがしに誇示した宇宙征服者たちは愛国者の中の愛国者、チュチェ朝鮮の立派な英雄であると述べた。

「光明星4」号打ち上げの大成功はチュチェ朝鮮の科学者たちの党への燃えるような衷情と祖国への熱烈な愛国心、貴い汗の凝結体であると強調した。

朝鮮労働党と革命のために一身をなげうつ赤い科学戦士たちの愛国心を重んじると述べた。

金正恩元帥は、朝鮮労働党第7回大会に向かって嵐、怒涛のごとく前進しているわが軍隊と人民に必勝の信念と力を与え、金正日総書記の遺訓を貫徹するうえで特出した貢献をした宇宙征服者たちに朝鮮労働党を代表してもう一度感謝のあいさつを送ると熱列に述べた。

金正恩元帥は、宇宙の開発に関する朝鮮労働党の原則的な立場と戦略的課題について明らかにした。

宇宙征服の道は単なる科学の道である前に、革命の道、自主、自立の道であり、金日成主席と金正日総書記の遺訓を貫徹するための領袖擁護戦、党政策死守戦であり、われわれの平和と自主権を奪おうとする敵対勢力との熾(し)烈な階級的闘争であると強調した。

宇宙征服の活路をいっそう力強く切り開くために新たなチョンリマ(千里馬)時代、マンリマ(万里馬)時代の要請に即して実力戦、最先端突破戦を力強く繰り広げてチュチェ朝鮮の実用衛星をより多く、より速く、より痛快に打ち上げることについて指摘した。

金正恩元帥は、朝鮮労働党第7回大会を勝利者の大会、栄光の大会に輝かすうえで宇宙科学部門が旗印を掲げなければならないとし、その遂行のための具体的な課題と方途を提示した。

金正日総書記の遺訓を綱領的指針としてとらえて寸分の狂いもなく、一歩の譲歩もなく無条件貫徹して総書記が宇宙強国の建設に積み上げた不滅の業績をとわに輝かし、党の唯一的指導体系を確立し、不屈の君子里精神と自力更生の革命精神を強く発揮しなければならないと強調した。

未来の科学技術と経済発展の推進力となる広闊な宇宙への進出はわれわれの戦略的目標であるとし、国家宇宙開発5カ年計画に従って宇宙の開発をより力強く推し進めなければならないと述べた。

続いて、共和国最高人民会議常任委員会の政令が朗読された。

金正恩元帥が、地球観測衛星「光明星4」号打ち上げの成功に貢献した人々にわが国の最高の勲章である金正日勲章と公民の最高の栄誉である共和国英雄称号と共に金星メダルおよび国旗勲章第1級を直接授与した。

同日の午後、地球観測衛星「光明星4」号打ち上げの成功に寄与した関連部門の科学者、技術者、労働者、幹部に対する党・国家表彰の授与式が引き続き行われた。

授与式では、金正日賞、金日成主席のネーム入り腕時計表彰、金正日総書記のネーム入り腕時計表彰、朝鮮労働党の金正恩第1書記の表彰状、朝鮮人民軍の金正恩最高司令官の表彰状が授与された。

金正日青年栄誉賞と人民科学者の称号、功労科学者の称号などの名誉称号、国旗勲章第1級、労働勲章が授与されたことをはじめ、数多くの科学者、技術者、労働者、幹部が勲章とメダルを授かった。

    関連記事