韓国軍が北朝鮮向けに行っている「拡声器放送」への対抗措置として、北朝鮮は朴槿恵大統領の非難する内容の宣伝用ビラを大量に韓国にばら撒いている。韓国国防省によると、その数は100万枚を超える。

このビラが数万万単位で落下する「ビラ爆弾」による事故が相次いでいる。しかし、それに対する補償がなされておらず、被害者が泣き寝入りを強いられている韓国メディアが伝えている。

車や貯水タンクを無慈悲に粉砕

先月14日にソウル郊外で、停められていた車に「ビラ爆弾」が落ちてきて、屋根に穴が空く事故が発生した。その翌日には、自動車検査所の壁が「ビラ爆弾」で破壊された。

今月1日には、共同住宅の屋上に置かれていた水道タンクとベランダのガラスが粉砕される事故が起きた。