金正恩第一書記が、iMacユーザーであることが確認された。

2016年2月8日付労働新聞1面。赤い丸の中にiMacのマウスとキーボードらしきものが見られる。
2016年2月8日付労働新聞1面。赤い丸の中にiMacのマウスとキーボードらしきものが見られる。

北朝鮮の労働新聞は、2016年2月8日付の1面で金正恩氏が「光明星4号」発射承認のサインをする写真を掲載。正恩氏の右横にiMacのキーボードとマウスが写っていることがわかる。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、写真の中のモデルは、2009年のiMacの製品だとアップル社が確認したという。

父・金正日氏はMacBook Proを愛用

実は、金正恩氏が、iMacユーザーであることは以前から知られていた。

2013年3月29日付の労働新聞は、金正恩氏が「火力打撃計画を最終検討、批准した」と報じた。当時の写真からもiMacが確認できる。

2013年3月29日付労働新聞より。iMacの横でサインをする金正恩氏。
2013年3月29日付労働新聞より。iMacの横でサインをする金正恩氏。

また、金正日総書記もMacBook Pro を愛用していたと知られている。北朝鮮が独自開発したというコンピュータのOS「レッドスター3.0」は、米アップル社の「MacOS X」との類似が指摘されており、親子二代にわたっての「アップル好き」が影響したのかもしれない。

    関連記事