北朝鮮の金正恩第一書記が、金正日総書記の後継者として登場した時、こう言われた。

「金正恩氏は、スイスに留学経験があり資本主義も民主主義も知っているから、軍事優先の北朝鮮を開放に導くかもしれない」

しかし、結果はご存じの通り。金正恩氏は、父・金正日氏以上に、国際社会にとって厄介な脅威となっている。

金正恩氏は、2016年に入って水爆実験と称する第4次核実験(1月6日)、そしてそれに続く長距離弾道ミサイルの発射実験(2月7日)を行った。最高指導者になって以後、核実験と長距離ミサイルの発射を2回ずつ行ったことになる。この回数は既に軍事を優先させる政治体制「先軍政治」を標榜した金正日氏に並んでいる。

それだけではない。2013年の3月には一方的に休戦協定を白紙にして、第2次朝鮮戦争の一歩手前に陥った。昨年8月には、地雷事件に端を発した南北対立で、韓国への好戦姿勢を露わにした

(参考記事:【動画】吹き飛ぶ韓国軍兵士…北朝鮮の地雷が爆発する瞬間
(参考記事:韓国との「チキンレース」に敗れた金正恩氏

その頻度と挑発度合いは、金正日をしのぎつつあると言っても過言ではない。