北朝鮮が長距離弾道ミサイル発射実験を行うことを明らかにした。

国際電気通信連合(ITU)によると、北朝鮮が2日、「地球観測衛星『光明星』を打ち上げる計画がある」と通告したという。打ち上げ期間は、2月8日から25日の午前7時(日本時間同7時半)から正午(同午後0時半)の間だ。人工衛星の打ち上げと称しているが、2012年の「銀河3号」と同じく、長距離弾道ミサイルの発射実験とみて間違いない。

(参考記事:モランボン楽団は金正恩氏の「ワナ」だった!?

打ち上げ期間は、今月8日から25日となっている。発射日は天候にもよるが、人工衛星の名称「光明星節」からも金正日総書記の誕生である2月16日(北朝鮮では「光明星節」といわれている)前後が、最も可能性が高いと見られている。ちなみに、2012年12月12日の「銀河3号」の翌年、2013年の2月12日に第三次核実験を行っていることを鑑みると、12日周辺は最も警戒すべき日かもしれない。

過去、北朝鮮はミサイル発射→核実験というパターンを繰り返してきた。