計画経済と配給制度が事実上、崩壊し、猛スピードで市場経済化が進む北朝鮮では、「市場」が庶民たちの生命線だ。ただし、その市場にすら入れない商人たちがいる。「バッタ商売」「ダニ商売」などと称される「露天商」だ。

彼らは、北朝鮮の商人の中でも最下層に位置する。市場で「売台」、いわゆるテナントを借りるのに必要な商売税(場所代、管理費)も払えず、またテナントを借りようにも空きがない。そこで、市場周辺の路上で露店を開いて細々と商売をせざるをえないのだ。

(参考記事:北朝鮮合法市場の外に広がる「ダニ市場」

こうした「露天商」を、金正恩第1書記は強く取り締まってきた。理由は「体面」。つまり「外国人観光客に見られたら恥ずかしい」ということだ。庶民生活の息吹を感じ取れる「市場」は、どの国でも外国人観光客に人気であり、その国の経済事情や生活事情を知りうる貴重な空間だが、どうやら金正恩氏は、庶民の市場や露天を「国の恥部」と思い込んでいるようだ。