北朝鮮当局は、国内の住民が携帯電話で海外と連絡を取り合うことを厳しく禁じている。

中朝国境に面した中国吉林省の長白朝鮮族自治県で、妨害電波により携帯電話が使えない状況になるケースもあるが、北朝鮮当局の仕業と見られる。

この状況に業を煮やした中国当局は、「外国からの情報流入、外国への情報流出」を阻止するために血眼になっている、北朝鮮の一番痛いところを突いてきた。

デイリーNKの対北情報筋によると、中国政府は昨年、北朝鮮に対して「妨害電波の発信を自制して欲しい」と要請した。吉林省長白朝鮮族自治県など中朝国境沿いの住民から妨害電波をめぐる抗議が相次ぎ、地域の発展にも支障が出かねない状況となっていたからだ。

中国は、北朝鮮が要請を聞き入れるだろうと踏んでいたが、北朝鮮側は、妨害電波中断の見返りとして巨額のカネを要求してきた。呆れた中国は北側の要求を一蹴。それもそのはず、中国は北朝鮮に「騙された」痛い過去があったからだ。