金正恩第1書記は、やっぱり型破りな指導者だ。もちろん良くない意味でだ。

金正恩氏が、2013年に張成沢(チャン・ソンテク)氏を処刑したのを皮切りに、気に入らない幹部、そしてスキャンダルの疑いを持たれた芸術関係者まで、片っ端から粛清・処刑したことは既に知られている。

こうした残忍な性格だけでなく、正恩氏の勝手気ままな振る舞いに指導層も困り果てている。

北朝鮮では金日成氏、正日氏と最高指導者の服装やヘア・スタイルを真似るのはある種の慣例だった。「覇気ヘア」と呼ばれる正恩氏のあの特徴的なヘア・スタイルも、青少年に半ば強制されている。もちろん、あそこまでの極端な刈り上げではないが、理髪店に行くと、何も言わなくても勝手に覇気ヘアにされるという。そうかと思えば、「俺の真似するな」という指示を下し、「極太ズボンを履くな!」とブチ切れる。


このように、やりたい放題の金正恩氏は、火気厳禁の工場での「歩きタバコの現地指導」で、北朝鮮の年配の男性から顰蹙を買っている。自己顕示欲の強い彼からすれば「最高指導者たる者は誰の前でもどこの場所でもタバコを吸える」といったところか。もちろん、正恩氏の「歩きタバコの現地指導」は、単に印象が悪いだけでなく北朝鮮の法律に違反している可能性がある。

現地指導では、突拍子もない行動で護衛部隊を困らせている金正恩氏が、夜中にこっそり専用ベンツに乗って平壌市内をドライブしているという噂まで広がっている。正恩氏の真夜中のドライブを、護衛部隊が制止できるはずもなく、本人に知られないようにこっそりと、後を付けて護衛しているかもしれない。

そんな金正恩氏が、今度は人民の前でギターの弾き語りを披露した。さらに、その様子を北朝鮮の国営メディア「労働新聞」がわざわざ紙面を割いて、「金正恩氏のギター弾き語り」を紹介した。そこで歌ったのは故金正日総書記のお気に入りの歌だったという。

国家元首が「ギター弾き語り」を披露する例など、あまり聞いたことがない。確かに、金正恩氏は、モランボン楽団やチョンボン楽団などの、お抱え楽団を作り音楽に対して相当なコダワリを持っているが、ギターの弾き語りをするとは意外だ。

さらに、その歌唱力と腕前を人民の前で披露するからには、相当な自信を持っているようだ。いずれ「最高尊厳(=金正恩氏)のリサイタル」でも開くつもりなのだろうか。

あらゆる面で型破りな金正恩氏だが、結局は自分のテリトリーだけで好き勝手振る舞えるに過ぎない。国際社会だけでなく、北朝鮮国内でも金正恩氏はどんどん「裸の王様」になりつつある。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事