北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、金正恩第1書記が、新しく建設された「青年運動事績館」を現地指導した記事を配信した。

現地指導には、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)、李日煥(リ・イルファン)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、金与正(キム・ヨジョン)の各氏が同行した。

青年運動事績館を現地指導した金正恩氏(2016年1月20日付労働新聞より)
青年運動事績館を現地指導した金正恩氏(2016年1月20日付労働新聞より)

金正恩氏の実妹である与正氏は昨年10月以来の同行であり、崔龍海氏は昨年11月に左遷されて再復帰して以来、初の現地指導の同行になる。

同通信によると、金正恩氏は、展示室と革命史跡物保存室などの各所を見て回りながら、「白頭山の不世出の偉人たちの写真と展示された事績資料、史跡物は億万金とも換えられない革命の万年の財宝、国宝の中の国宝だ」と述べながら次のように強調した。

青年運動事績館を現地指導した金正恩氏(2016年1月20日付労働新聞より)
青年運動事績館を現地指導した金正恩氏(2016年1月20日付労働新聞より)

「金日成主席と金正日総書記の青年運動指導史において中核をなしているのは青年たちを固く信じて彼らをいつも時代の主人公に推し立てたことであるとし、主席と総書記の賢明な指導と温かい愛によってわが青年たちは革命の各年代を英雄的偉勲と誇らしい勝利で輝かして栄光の道を歩んでくることができた」

北朝鮮メディアは、今月6日に行われた第4次核実験以後、連日のように「水爆実験に成功」と喧伝しているが、金正恩氏は、今回の現地指導において核や水爆については言及していない。

青年運動史跡館を現地指導した金正恩氏(2016年1月20日付労働新聞より)
青年運動史跡館を現地指導した金正恩氏(2016年1月20日付労働新聞より)

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り

金正恩元帥が新しく建設された青年運動事績館を現地指導

【平壌1月20日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党第1書記、共和国国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥が、新しく建設された青年運動事績館を現地で指導した。 金正恩元帥は、幹部たちと共に総序ホールに丁重に建てられた青少年たちの中にいる金日成主席と金正日総書記の立像にあいさつした。

金正恩元帥は、主席と総書記の太陽のような姿を長い間眺めながら青少年たちの中に共にいるわれわれの主席と総書記の立像をカラーの彫刻像に建てたのは初めてであるとし、領袖と大衆が渾(こん)然一体となったわが社会の真の姿を本当に立派に形象化したとたいへん喜んだ。

金正恩元帥は、展示室と革命史跡物保存室などの各所を見て回った。

朝鮮革命の各年代記別に整えられた展示室に丁重にかけた白頭山の不世出の偉人たちの写真と展示された事績資料、史跡物は億万金とも換えられない革命の万年の財宝、国宝の中の国宝だと述べた。

金日成主席と金正日総書記の青年運動指導史において中核をなしているのは青年たちを固く信じて彼らをいつも時代の主人公に推し立てたことであるとし、主席と総書記の賢明な指導と温かい愛によってわが青年たちは革命の各年代を英雄的偉勲と誇らしい勝利で輝かして栄光の道を歩んでくることができたと語った。

革命の長期性を見通して青年問題を国の興亡盛衰に関わる重大な戦略的問題に、国事の中の国事と見なして青年運動の輝かしい模範を創造した主席と総書記の賢明な指導と不滅の業績があったがゆえに、朝鮮労働党はどの時代、どの国でも思いも寄らない青年問題を完ぺきに解決することができたし、この世に唯一無二の青年強国を打ち建てることができたとし、これはわれわれの大きな誇りであり、矜持であると力を込めて述べた。

青年運動事績館には金日成・金正日青年運動史が集大成されているとし、事績館を通じた教育を実質的に行うためには講師陣容をうち固めて彼らの水準を絶えず高め、事績館の管理・運営を綿密に行わなければならないと指示した。

金正恩元帥は、青年運動事績館を主席と総書記の青年運動指導史と青年運動の強化発展に積み上げた不滅の業績、朝鮮労働党に従って衷情の道だけを歩んできたわが青年たちの闘争史をよく見せられるように立派に建設したことについて大きな満足の意を表し、朝鮮労働党が与えた戦闘的課題を輝かしく貫徹した速度戦青年突撃隊の偉勲を高く評価した。

金正恩元帥は、青年運動事績館の幹部と講師が自分らに課された誉れ高い任務を円滑に遂行するとの期待と確信を表明し、竣(しゅん)工に関連する指示を与えた。

黄炳瑞、崔龍海、李日煥、趙甬元、金與正の各氏が同行した。

    関連記事