北朝鮮が今月6日に実施した核実験に対抗して、韓国は8日より対北朝鮮拡声器放送を再開した。昼は10キロ、夜は24キロ先まで聞こえると伝えられるが、実際にどれくらいの範囲に聞こえているかは、現在のところ不明だ。

韓国の京郷新聞によると、拡声器放送は韓国企業が多数進出している開城工業団地に向けては行わないと韓国軍関係者が明らかにした。このため、人口30万の北朝鮮・開城(ケソン)市内まで届いているかは定かではない。

開城の西隣の白川(ペチョン)郡、延安(ヨナン)郡は、合わせて人口30万。こちらに対する放送も、移動式拡声器を使い不定期で行うと軍関係者は述べている。