アフリカのタンザニアに派遣された北朝鮮の医師が、医学的根拠が不明な機器を利用して現地の患者に詐欺まがいの行為を繰り返していることから、現地の当局は取り締まりに乗り出している。

タンザニアの「シティズン」紙は、去年3月21日の別の現地紙を引用して、タンザニア食品安全庁が、首都ダル・エス・サラームでクリニックを営んでいる北朝鮮の医師に対して調査を行うことを検討していると報じた。

同紙によると、北朝鮮の医師は、現地のハーバリスト(伝統医学の医師)と共謀して、「量子共鳴磁場分析器」(Quantum Resonance Magnetic Analyzer、QRMA)なる機器を利用し、患者に高価な薬を売りつけたという。

QRMAとは、磁気を使って体の検査を行い、病気の有無などを検査する。機器は、中国製や北朝鮮製。医学的根拠は定かではないが、日本でもPRA療法と称して、治療に取り入れている代替医療機関が存在する。

現地の医療事情に詳しい情報筋が、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に語ったところによると、首都ダル・エス・サラーム市内には北朝鮮経営のクリニックが4ヶ所あり、そのすべてでQMRAを使用している。医師は、血液を採取することなく、1、2分で癌、不妊、体内の毒素の状態など、ありとあらゆる病気がわかると豪語し、あたかも病気になったかのごとく診断を下して医薬品を高値で売りつけているというのだ。

「シティズン」紙の昨年12月28日付の記事によると、公立病院の医療水準が低いタンザニアでは、一時は「迷信」として退けられていた伝統医学が脚光を浴びている。伝統医学を扱うクリニックが急増しており、新聞、テレビやSNSでもPRを行っている。

この「診断と治療」は、次のように行われる。

市内のムウェンゲ地区に住むジェローム・スングラさんは、慢性の腹痛に悩まされている婚約者を伝統医学クリニックに連れて行った。医師は「この機械は中国から輸入したものだが、政府の承認を受けていないので、摘発を恐れて密かに使っている」という宣伝文句とともにQRMAによる診断を勧めた。

彼女は診断を受けることにした。センサーを握って1分後、ビタミンEの欠乏とホルモンバランスの異常が原因だとの診断が下された。

同紙のシリアカス・ブグジー記者は、ある男性をおとりに使って取材を行った。この男性はクリニックを訪れ、不妊に悩んでいると伝え、診断料と相談料4万シリング(約2200円)を支払った。医師はQMRAを使って診断を行った上で、「これを飲めば3ヶ月で子が授かる」と32万シリング(約17000円)もする薬を勧めてきたという。平均年収が600ドル(約7万1000円)のタンザニアでは非常に高価な薬だ。ちなみにこの男性は、2人を子を持つ父だ。

こうした北朝鮮の医師による詐欺紛いの医療に、タンザニア当局は最近、調査を行い、水準以下の代替医療を行っていることを指摘した。2人の北朝鮮男性は、ワイロを渡して取り締まりを逃れようとしたが、50万シリング(約2万7000円)の罰金の支払いを命じられた。

一方、北朝鮮インチキ治療のトバッチリを食らったのが韓国だ。

シティズン紙は、韓国か北朝鮮を示さずに「コリア」と書いたこともあり、「韓国人がやった」との誤解が広まっている。

これに対して韓国大使館は「一連の医療行為や機器と韓国とは関係ない」「韓国政府はそんな行為を許可することはない」と釈明を迫られる事態になっている。

現地の情報筋によると、現在タンザニアの12の病院で100人を超える北朝鮮の医師が勤務している。

    関連記事