ロシアのウラジオストクに派遣されてきた北朝鮮労働者の男性が焼身自殺を図り、死亡した事件をめぐり、現地の警察当局は、男性が金銭問題で悩んでいたことが自殺の動機となったと見ている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

同ラジオによると、男性は40代中盤で、北朝鮮とロシアの合弁建設会社に勤務。昨年5月に就労ビザを得てロシアに入国、最近まで現場近くの建設現場で働いていた。

昨年12月31日、ウラジオストクのチェルニホフスカヤ通りの現場のそばにある宿舎を出て、マンションの屋上に上がり、全身にエタノールを撒いてから火を付けた。火だるまになった男性は屋上から駐車場に転落し、死亡したものと思われる。

遺書を遺して自殺

遺された遺書には「仕事が辛く、カネもなく、生活が苦しいので自殺する、しかし誰も恨んではいない」と書かれていた。