ニュースが伝わるや白けた空気「こんなことぐらいで…」

電撃的に行われた北朝鮮の核実験をめぐり、朝鮮中央テレビは歓喜する平壌市民の様子を報じている。しかし、一般住民の「生の声」は無関心かつ冷淡だとデイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。

北朝鮮は核実験直後に、午後0時(平壌時間)からの「特別重大報道」の予告を行った。その時の様子について平安南道(ピョンアンナムド)の情報筋は、次のよう語った。

「工場で仕事をしていたところ『特別重大報道があるから早く宣伝室に集まれ』という指示が出たので、何事かと思い緊張した。『(金正恩氏が)死んだんじゃないか』と勘ぐる人もいた」

2011年12月17日の午後0時に「特別報道」が行われ、金正日総書記の死去が伝えられた経験から、今回も最高指導者の死去と勘違いしたようだ。

「興味なし」

しかし、テレビから「水素爆弾完全成功」というニュースが流れるや、あっという間に緊張感は消えて、リラックスした空気が流れたという。つまり「大したニュースではない」と受け止められているようだ。

    関連記事