米国は敵対勢力を糾合してありとあらゆる対朝鮮経済制裁と謀略的な「人権」騒動にこだわり、われわれの強盛国家建設と人民生活の向上を妨げて「制度の崩壊」を実現しようと血を食んで襲いかかっている。

膨大な各種核殺人兵器で、わが共和国を虎視眈々狙っている侵略の元凶米国と対立しているわが国が正義の水素爆弾を手にしたことは、主権国家の合法的な自衛的権利であり、そのいずれも是非を問えない正々堂々たる措置だ。

真の平和と安全は、屈辱的な勧誘や妥協的な会談テーブルでは行われない。

今日の厳しい現実は、自らの運命は自らの力で守らなければならないという鉄の真理を改めて明確に実証している。

乱暴に襲いかかる狼の群れの前で、猟銃を置くことほど愚かな真似はないだろう。

今回、わが共和国が勝ち取った水素爆弾実験の輝かしい大成功は民族の千年万年の未来をしっかり保証する歴史の大壮挙、民族史の大事変となる。

    関連記事