北朝鮮の朝鮮中央通信は6日午後0時(平壌時間)、同日午前に行った水素爆弾実験について声明を発表した。

朝鮮中央通信が配信した声明全文は次の通り。

チュチェ朝鮮初の水素爆弾実験が正常に行われたことに関連して声明を発表

(平壌1月6日発、朝鮮中央通信) 朝鮮民主主義人民共和国政府は6日、次のような声明を発表した。

全国千万軍民が朝鮮労働党の戦闘的呼びかけを血がたぎる心臓に受け止め、チュチェ革命偉業の最後の勝利を早めるための総突撃戦に果敢に立ち上がり、まばゆい奇跡と偉勲で、日々巨大な前進を成し遂げている激動的な時期に、半万年の民族史に特記する大事変が起き、天地を揺るがしている。

朝鮮労働党の戦略的決定に基づいてチュチェ105(2016)年1月6日10時チュチェ朝鮮の最初の水素爆弾実験が正常に行われた。

われわれの知恵、われわれの技術は、われわれの力に100%則った今回の実験で、われわれは新たに開発された実験用水素爆弾の技術仕様が正確であることを完全に確証し、小型化された水素爆弾の威力を科学的に解明した。

安全かつ完全に行われた今回の水素爆弾実験は、周囲の生態環境にいかなる悪影響も与えなかったことが確認された。

今回の水素爆弾実験は、われわれの核武力発展のより高い段階である。