北朝鮮の朝鮮中央通信は6日午後0時(平壌時間)、同日午前に行った水素爆弾実験について声明を発表した。

朝鮮中央通信が配信した声明全文は次の通り。

チュチェ朝鮮初の水素爆弾実験が正常に行われたことに関連して声明を発表

(平壌1月6日発、朝鮮中央通信) 朝鮮民主主義人民共和国政府は6日、次のような声明を発表した。

全国千万軍民が朝鮮労働党の戦闘的呼びかけを血がたぎる心臓に受け止め、チュチェ革命偉業の最後の勝利を早めるための総突撃戦に果敢に立ち上がり、まばゆい奇跡と偉勲で、日々巨大な前進を成し遂げている激動的な時期に、半万年の民族史に特記する大事変が起き、天地を揺るがしている。

朝鮮労働党の戦略的決定に基づいてチュチェ105(2016)年1月6日10時チュチェ朝鮮の最初の水素爆弾実験が正常に行われた。

われわれの知恵、われわれの技術は、われわれの力に100%則った今回の実験で、われわれは新たに開発された実験用水素爆弾の技術仕様が正確であることを完全に確証し、小型化された水素爆弾の威力を科学的に解明した。

安全かつ完全に行われた今回の水素爆弾実験は、周囲の生態環境にいかなる悪影響も与えなかったことが確認された。

今回の水素爆弾実験は、われわれの核武力発展のより高い段階である。

歴史に特記すべき水素爆弾実験が最も完璧に成功したことで、朝鮮民主主義人民共和国は、水素爆弾まで保有した核保有国の戦列に堂々と立つことになり、われわれ人民は最強の核抑止力を備えた尊厳高い民族の気概を轟かせた。

わが共和国が断行した水素爆弾実験は、米国を衛戍とする敵対勢力の日々増大する核の脅威と恐喝から国の自主権と民族の生存権を徹底的に守り、朝鮮半島の平和と地域の安全を頼もしく担保するための自衛的措​​置である。

この世の中に敵視という言葉が生まれて以来、米国の対朝鮮敵視のように暴虐無道で執拗なものは、前例がない。

思想と制度が異なり、彼らの侵略野望に屈従せず、千秋に容認できない前代未聞の政治的孤立、経済封鎖、軍事的圧迫に飽きたらず、核の惨禍まで浴びせかけようと発狂する残虐な強盗の群れがまさに米国である。

米帝侵略軍の原子力空母打撃集団と核戦略飛行隊を含むすべての核打撃手段が絶えず席巻している朝鮮半島とその周辺は、世界最大のホットスポット地域、核戦争の発火点となっている。

米国は敵対勢力を糾合してありとあらゆる対朝鮮経済制裁と謀略的な「人権」騒動にこだわり、われわれの強盛国家建設と人民生活の向上を妨げて「制度の崩壊」を実現しようと血を食んで襲いかかっている。

膨大な各種核殺人兵器で、わが共和国を虎視眈々狙っている侵略の元凶米国と対立しているわが国が正義の水素爆弾を手にしたことは、主権国家の合法的な自衛的権利であり、そのいずれも是非を問えない正々堂々たる措置だ。

真の平和と安全は、屈辱的な勧誘や妥協的な会談テーブルでは行われない。

今日の厳しい現実は、自らの運命は自らの力で守らなければならないという鉄の真理を改めて明確に実証している。

乱暴に襲いかかる狼の群れの前で、猟銃を置くことほど愚かな真似はないだろう。

今回、わが共和国が勝ち取った水素爆弾実験の輝かしい大成功は民族の千年万年の未来をしっかり保証する歴史の大壮挙、民族史の大事変となる。

朝鮮民主主義人民共和国は、米国の凶悪な核戦争の試みを粉砕し、朝鮮半島の平和と地域の安全を確保するために、自ら努力を尽くしている真の平和愛好国である。

わが国は、責任ある核保有国として侵略的な敵対勢力が、われわれの自主権を侵害しない限り、すでに宣言した通り、先に核兵器を使用することはなく、いかなる場合でも、関連手段と技術を移転することはないだろう。

米国の極悪非道な対朝鮮敵視政策が根絶されない限り、われわれの核開発中止や核放棄は天が崩れても、絶対にありえない。

われわれの軍隊と人民はチュチェの革命偉業の万年未来を頼もしく担保するわれわれの正義の核抑止力を質的に絶えず強化していくであろう。

偉大な朝鮮労働党の並進路線を高く掲げ、進むチュチェ朝鮮は無窮繁栄であろう。(終わり)

    関連記事