ミネラルウォーターから自動車に至るまで、ありとあらゆるものが中国製品に占領されてしまっている北朝鮮のマーケット。当局は「輸入病(何でも輸入に頼る傾向)の撲滅」「人民生活の向上」を謳い、生活用品の増産に努めていると宣伝している。

蒼光商店を現地指導に訪れた金正恩氏(画像:労働新聞)
蒼光商店を現地指導に訪れた金正恩氏。背後にはプラスティック製のバケツらしきものが陳列されているが、色が違うだけで皆同じデザインだ。(画像:労働新聞)

しかし、「中国製と同じ質なのに値段が高く競争力がない」「種類が少ない」「デザインが悪い」「生産量が少ないせいか、そもそも入荷しない」など様々な理由で、今ひとつ人気がない。

そうこうしているうちに、韓国製品が北朝鮮の市場に流れこむようになってきた。富裕層の奥様方は「韓流高級コスメ」「韓国製高級チマ・チョゴリ」に夢中だ。高級古着でおしゃれするのも流行している。

庶民の間では、韓国製の「ロッテ・チョコパイ」「ヘチャンドゥル」ブランドのコチュジャンが既に定番商品となっている。当局者は、市場で没収した韓国製のコーヒーを飲みながら韓国製品の取り締まりを行うという、コントのような光景が繰り広げられている。

このように韓国製品は、北朝鮮のマーケットで日本製品に変わって高級品として定着したが、今回登場したアイテムは、韓国製の壁紙だ。

    関連記事