北朝鮮外務省は1日、新年最初のコメントで、日本と韓国の両政府による「慰安婦問題妥結」を批判した。

同省報道官がこの日、「日本国家が20万人の朝鮮の女性をはじめ世界の諸国の女性らを相手に働いた性奴隷犯罪は国際的な特大型の反人倫犯罪で、その被害者は朝鮮半島の南だけなく北にもおり、他のアジア諸国と欧州にもいる」と発言。「徹底した謝罪と賠償」を求めたのだ。

(参考記事:「慰安婦被害者は北にもいる」北朝鮮外務省、日韓妥結を批判

北朝鮮がこうした主張を持ち出し、元慰安婦の人々の人権を「外交カード」にしようとするのは、十分に予想できたことだ。ただ、日本側が対応を誤れば、北朝鮮との外交戦で微妙な立場に追い込まれかねない。

    関連記事