北朝鮮の金正恩第1書記が1日、今年の施政方針に当たる「新年の辞」を肉声で発表した。その内容を受け、日韓の主要メディアの中には次のように報じているものがある。

金正恩氏、南北対話に意欲 「新年の辞」演説で(日経新聞)
正恩氏は「我々は北南の対話と関係改善のために今後も積極的に努力する」とした上で、「平和と統一を望む人ならば誰とでも対座し、民族問題をわだかまりなく議論する」と述べ、南北対話に意欲を示した。

金正恩氏、南北関係改善へ努力 「新年の辞」を発表(東京新聞=北京共同)
【北京共同】北朝鮮の金正恩第1書記は1日、国営メディアを通じ、今年の施政方針に当たる「新年の辞」を発表した。韓国との南北関係改善に向けて「積極的に努力する」と表明した一方、朝鮮半島情勢を緊張させるとして米韓合同軍事演習の中止を要求した。

金第1書記が「新年の辞」 南北対話の意思示す(聯合ニュース)
北朝鮮の金正恩第1書記は1日、今年の施政方針に当たる「新年の辞」で、「平和と統一を望む人なら誰とでも向き合い民族問題、統一問題を虚心坦懐(たんかい)に議論する」と、南北対話への意思を示した。

「核爆弾を爆発させ」と言っている

まるで金正恩氏が「対話派」になったかのような書き方だが、記者たちは果たして原文を読んでいるのだろうか。

    関連記事