北朝鮮の大学は、まもなく冬休みを迎える。休み中、学生達はバイトに精を出す。平壌の一流大学に通う学生は、金持ちの子どもに家庭教師をして1~2ヶ月で1000ドルを稼ぐ。医大生は、産婦人科で中絶手術のバイトをして、1ヶ月に100ドルを稼ぎだす。音楽系の学生は、韓流スタイルのダンスを教えるバイトをする。

一方、実家から離れた大学に通う学生は、冬休み中の帰省費用のため、バイトや商売に精を出す。最近では、大学寮で配給されたパンを売って元気収入を得ることが流行しているという。

デイリーNKジャパン編集部が入手した北朝鮮製のパン
デイリーNKジャパン編集部が入手した北朝鮮製のパン

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋は、「最近の市場に、恵山(ヘサン)農林大学の学生が急に目につくようになった。そのほとんどが、食パンがいっぱい入った袋を手にしている」と語った。

市場の入口で立っていると、商人が現れて自分の売台(ワゴン)まで連れて行き、食パン1斤を800北朝鮮ウォン(約12円)で買い取ってくれる。1ヶ月分を売ると、2万5000北朝鮮ウォン(約375円)になる計算だ。

学生が売るパンは、大学寮で毎日1斤配給されているものだ。これまでも、貧しい学生がパンを市場で売って、ボールペン、ノート、タバコなどを買うケースはあった。しかし、帰省費用のために、パンを売る学生が現れたのは今年に入ってからのことだという。

咸興(ハムン)に実家がある学生は、2ヶ月間パンを食べずに市場に売り、日曜日には荷物運びのバイトで10万北朝鮮ウォン(約1500円)を稼いだという。

彼らは「寮費を仕送りしてもらっているのに、帰省費用まで両親に負担させられない」と、自分で稼ぐ北朝鮮の親孝行者だ。

    関連記事