北朝鮮のガールズグループ「モランボン楽団」が10日から、功勲国家合唱団と中国を訪問。12日から3日間、初の海外公演が行われる。

金正恩第1書記によって結成されたモランボン楽団は、その独特な音楽性から世界中にファンを持つ。以前、東南アジアツアーの噂が流れた時は、日本のNK-POP(北朝鮮ポップス)ファンからも「是非、行きたい!」との声が上がるほど、熱い視線が注がれている。

北朝鮮からも今回の中国公演に対する意気込みが感じられる。朝鮮中央通信は10日、「モランボン楽団は世界的なおしゃれ楽団」と自画自賛する記事を配信。モランボン楽団の「誕生秘話」を明かしながら、中国公演に向けた宣伝を繰り広げた。

今回の公演は中国側の招待による文化・芸術交流と銘打っているが、その裏に中朝双方の政治的思惑、すなわち中朝関係の修復があることは言うまでもない。

権力の秘部を「知り過ぎた女たち」

そんな大役を担うモランボン楽団は、金正恩第1書記が直々に結成させた「金正恩時代」を象徴するグループだ。その美貌と芸術的技能の高さから「喜び組」と勘違いされることがあるが、これは違う。

    関連記事