金正恩氏が、水素爆弾の保有に言及した。北朝鮮メディアが10日に報じた現地指導の記事の中で、「(北朝鮮が)水素爆弾の巨大な爆音を響かせることのできる強大な核保有国になることができた」と発言したことが紹介されているのだ。

水爆は、プルトニウムやウランを利用した核分裂兵器より破壊力が格段に大きい。

冷戦期の1961年10月30日、旧ソ連が実験を行った「ツァーリ・ボンバ(爆弾の皇帝)」の威力は最大100メガトン。実験に際しては50メガトンに抑制されたが、それでも広島型原爆の3300倍に達する。爆発の衝撃波は地球を3周したというから、まさに人類を滅亡に追い込みかねない「最終兵器」である。

「報復」リスク高まる

そんなものを、本当に正恩氏は手に入れてしまったのか。もしそうなら、日本にとって一大事だ。