根強く囁かれた「アメリカ黒幕説」

北朝鮮が、最近発効した米韓原子力協定に噛みついている。アメリカが韓国に対し、使用済み核燃料の再処理やウラン濃縮を一部認めたことが、韓国の「核兵器開発」につながると言うのだ。その上、アメリカこそが「核拡散の張本人」であるとまで言っている。

まったくの「言いがかり」にしか聞こえない言葉だ。実際、現時点では「言いがかりである」と断言しても差し支えないだろう。

しかし過去には、これが完全なる「言いがかり」とは言えない場面があったのも事実だ。

「知日派」は韓国語がペラペラ

なかなか古くて複雑な歴史なので、身近なとっかかりとして、まずは日本と縁の深い、あるアメリカ人の話から始めてみたい。

    関連記事