人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

各地の人民班(町内会)の会議を通じて「詳しい経緯を知らないのなら、むやみに喋るな」との指示を住民に伝達している。しかし、人の口に戸は立てられないもので、平壌郊外の平城(ピョンソン)では既に噂が広まってしまっている。

噂を聞いた住民からは「なんで死ぬんだ。頑張って生きてもう一度成功することで復讐すべきだ」「何の力もない庶民が死んだところで、国は可哀想だと思うわけがない。虚しい」と、自殺した人を悼む声が上がっているという。

「信訴」とは、中国の「信訪」と同様に、理不尽な目に遭っていることを権力中央に直訴するシステムで、一種の「目安箱」のようなものだ。元々は法制度の外にあるシステムだったが、98年に制定された信訴請願法で、法的根拠が与えられた。しかし、むしろそれ以降に機能が低下したと言われている。

部下の妻を愛人に

機能低下というより、北朝鮮当局は事件の解決に興味を失っていると言ってもいいだろう。2005年にそれを表すような事件が起きている。

    関連記事