ゼロに近い自浄作用…「目安箱」も機能不全

現在、北朝鮮の首都・平壌を中心に衝撃的な事件の噂が出回っている。平壌にある朝鮮労働党の本部前で、ある市民が切腹して自殺を図ったというものだ。平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋によると、噂の内容は次のとおりだ。

この人物は、保安署(警察署)の署長に全財産を没収された。どのような事情でそうなったのかは不明だが、その不当性を訴えに、平壌にある労働党中央委員会組織指導部の信訴処理課を訪れた。しかし、担当者との面談を拒否された上に「ガタガタ騒ぐな」と脅された。

対応のひどさに絶望したその人物は、抗議の意を示すために、労働党庁舎の前で割腹。生死について確かなことは不明だが、噂には「死亡した」とのニュアンスがある。

住民ら「復讐すべき」

当局は、この噂が広がることを恐れて、箝口令を敷いている。