北朝鮮には「5課対象」と呼ばれる人々がいる。中央5課(朝鮮労働党組織指導部5課)が選抜した人々のことで、代表的なのが「喜び組」だ。彼女ら以外にも、指導層の世話をする女性たちや、最高指導者の身辺での職務に当たる男性もここに含まれる。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、最近では離婚歴があって子どもを持つ若い女性が「5課対象」に選ばれていると報じた。彼女たちは、高級幹部たちの「召し使い」や身の回りの世話をする仕事をするとのことだ。

未亡人をマッサージ係に

咸鏡北道(ハムギョンブクト)在住のRFAの消息筋は、最近「5課対象」として連れて行かれた女性について次のように語った。