北朝鮮には「5課対象」と呼ばれる人々がいる。中央5課(朝鮮労働党組織指導部5課)が選抜した人々のことで、代表的なのが「喜び組」だ。彼女ら以外にも、指導層の世話をする女性たちや、最高指導者の身辺での職務に当たる男性もここに含まれる。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、最近では離婚歴があって子どもを持つ若い女性が「5課対象」に選ばれていると報じた。彼女たちは、高級幹部たちの「召し使い」や身の回りの世話をする仕事をするとのことだ。

未亡人をマッサージ係に

咸鏡北道(ハムギョンブクト)在住のRFAの消息筋は、最近「5課対象」として連れて行かれた女性について次のように語った。

「穏城郡とセビョル郡から『中央党5課対象』として若い女性3人が選ばれて、中央に連れていかれた。彼女たちは夫と死別、または離​​婚した女性で1〜2人の子どもがいる30歳未満の女性だ」

情報筋によると、北朝鮮当局は1980年代初頭まで、全国の各行政区から若い女性を選び高位幹部の看護師やマッサージ係として配置していたという。また、女性たちの子どもは「名門学校の康盤石革命学院に送られる」とのことだ。

しかし、1980年代中頃に故金正日総書記の指示によって護衛総局に軍楽隊と芸術宣伝隊が組織されてからは、「子どもがいる女性は『5課対象』として選ばれなくなり、『喜び組』も護衛総局の芸術宣伝隊員の中から選抜されるようになった」と情報筋は説明した。

選抜されるには身体検査も

一方、慈江道(チャガンド)在住の別の情報筋は「80年代以後も女性たちが連れて行かれた」と明かす。

「1980年代以降も、若い女性を中心にたくさんの女性たちが『5課対象』として連れて行かれた。外部に公開されていないが、対南工作や特殊任務の遂行中に死亡した男性の未亡人たちが選ばれたこともあった」(慈江道の情報筋)

ここ最近は、北朝鮮の対南工作と特殊任務が激減したこともあり、こうした未亡人も減った。しかし、任務中に死亡した男性の残された妻が、5課対象として選ばれることに住民からは「国のために死んだ英雄を侮辱している」という非難の声があったという。

「北朝鮮当局は、住民の非難の声が出ることを考慮して死亡した功労者の妻ではなく、離婚した若い女性から「5課対象」を改めて選ぶようになった。選抜対象になると、まずは中央で厳格な身体検査と人物審査を経て、はじめて『5課対象』として最終的に決まる」(慈江道の情報筋)

5課対象に確定されると、本人の意思による選択の余地はない。選ばれた女性たちは幹部たちの「召使い」や身の回りの世話をさせられることから、北朝鮮住民たちも否定的な見方を示していると情報筋は付け加えた。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事