11月17日で「乙巳5条約」(乙巳保護条約)が結ばれてから110年となるのに際し、朝鮮日本軍性奴隷・強制連行被害者問題対策委員会のスポークスマンは16日、日本に朝鮮半島支配の過去清算を迫る談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

乙巳5条約は、日露戦争に勝利した日本が米英露など列国の承認を取り付けた上で、朝鮮半島を事実上属国化した条約。当時、日本は軍隊と警察で王宮を包囲し、韓国の国王と重臣らに条約締結を迫った。

朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。