北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、金正恩第1書記が、平壌幼児用食品工場を現地指導したことを報じた。

平壌幼児用食品工場を現地指導する金正恩氏(2015年11月14日付労働新聞より)
平壌幼児用食品工場を現地指導する金正恩氏(2015年11月14日付労働新聞より)

「輸入病」とは?

同通信によると、金正恩氏は「食品工場が本当に立派に現代化された」としながら「他国に頼るのに慣れた一部の人々がここを見て回れば輸入病がすっかりなくなるだろう」と述べたという。

「輸入病」という言葉は金正恩氏が最高指導者となって以後、とくに2015年に入ってからは国営メディアに頻繁に出てくる言葉だが「何でもかんでも輸入に頼る傾向」としている。金正恩氏は、今年の新年の辞でも「すべての工場、企業所が輸入病をなくせ」と強調しているが、いまだに多くの北朝鮮の生産現場で材料、資材などを輸入に頼っていることの裏返しとも言える。

平壌幼児用食品工場を現地指導する金正恩氏(2015年11月14日付労働新聞より)
平壌幼児用食品工場を現地指導する金正恩氏(2015年11月14日付労働新聞より)

現地指導には、金養建(キム・ヤンゴン)氏、呉秀容(オ・スヨン)氏、趙甬元(チョ・ヨンウォン)氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が平壌幼児用食品工場を現地指導 【平壌11月14日発朝鮮中央通信】金正恩元帥が、現代化が完璧(ぺき)に実現された平壌幼児用食品工場を現地で指導した。 金正恩元帥は、工場の構内に新たに建てたモザイク壁画「幼児用食品を見る偉大な領袖金日成同志と偉大な指導者金正日同志」と白頭山の不世出の偉人たちの現地指導事績碑を見た。

元帥は、工場の幹部と従業員が工場に宿っている金日成主席と金正日総書記の次代愛、未来愛をとわに伝えるという燃えるような忠誠心を抱いてモザイク壁画を本当に立派に建てたとし、美味しくて栄養価の高い食品を量産して子どもに送れば主席と総書記がどんなに喜ぶだろうかと胸熱く述べた。

金正恩元帥は、新たに整えた革命事績教育室と沿革紹介室を見て回った。

元帥は、主席と総書記の不滅の指導業績を通じた教育をよくして工場の幹部と従業員が高い生産成果で主席と総書記の念願を現実化しなければならないと頼んだ。

金正恩元帥は、工場の各所を見て回りながら現代化の状況と生産実態、製品の品種と質について具体的に調べた。

原料の投入から生産、包装、保管、運搬に至るすべての工程をオートメ化、無人化したとし、工場を知識経済時代の要請に即して現代化した結果、労働者が骨の折れる労働から完全に解放され、労力を極力節約しながらも生産能力を飛躍的に高められるようになったと喜んだ。

平壌幼児用食品工場が本当に立派に現代化されたとし、一年間に膨大な工場の現代化を高い水準で実現することができたのはわれわれの労働者、科学者、技術者の創造的知恵と不屈の精神力、われわれの機械製作工業の大きな潜在力があったからだと述べた。

平壌幼児用食品工場の現代化において特別に気に入るのは、すべての生産工程にわれわれの科学者、技術者が設計し、わが手で作った先端設備を完備したことだとし、朝鮮労働党の現代化方針において中核をなすのがまさに国産化であると再び強調した。

元帥は、他国に頼るのに慣れた一部の人々がここを見て回れば輸入病がすっかりなくなるだろうと述べた。

金正恩元帥は、工場の現代化に積極的に寄与した幹部、科学者、技術者、労働者の偉勲を高く評価し、彼らに朝鮮労働党の名義で感謝を贈った。

元帥は、中央と地方の多くの幹部が同工場を見て回って見習うようにしようと語った。

金正恩元帥は、工場の幹部と従業員が豆乳をはじめ美味くて栄養価の高い食品をより多く生産して子どもに供給するとの期待と確信を表明し、彼らと共に記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会の金養建、呉秀容の両書記、趙甬元副部長が同行した。

    関連記事