米韓が北朝鮮の核・ミサイル施設を先制攻撃で破壊する「4D作戦概念」の履行指針で合意したことについて、北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は7日、「朝鮮半島の情勢を戦争の局面へ追い込もうとする危険な妄動である」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評はまた、米国は北朝鮮への敵視政策に執着しており、その圧力が増すほど「われわれの自衛的抑止力が非常に強化される結果だけを招くであろう」と警告した。

論評について報じた朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。