北朝鮮の、朝鮮日本軍性奴隷・強制連行被害者問題対策委員会が6日、日韓首脳会談で従軍慰安婦問題の早期妥結が合意されたことを受け、スポークスマン談話を発表。慰安婦問題は「(日韓だけで)うやむやにできる問題ではない」などと指摘。日本は世界のすべての国・地域の被害者と遺族に賠償すべきと主張した。朝鮮中央通信が伝えた。

対策委員会のケ・ソンフン委員は2月、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙が日本に「ストックホルム合意」を求めた記事に登場。「わが方は『特別調査委員会』をつくり、日本人と関連したすべての問題を解決するために誠意ある努力をしている反面、日本側は何をしているのか」などとコメントしていた。

北朝鮮は今後、日本人拉致問題などに関する協議の場で、日本側に対し従軍慰安婦問題に関する対応を求めてくる可能性が高い。

対策委員会スポークスマンの談話を伝えた朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。