北朝鮮の金正恩第1書記が、久しぶりの「武力示威」に臨んだ。しかし以前に比べると、どうも“派手さ”に欠けている。

朝鮮中央通信は3日、正恩氏が朝鮮人民軍の対空ミサイル発射訓練を視察したと報じた。正恩氏が軍事訓練の現場に足を運んだのは、戦闘機を盛大に飛ばした7月末の「空軍戦闘飛行技術大会」を指導して以来のことだ。

正恩氏は今年、年始早々から軍事訓練を精力的に指導した。そのことを報じる朝鮮労働党機関紙の労働新聞も、まるでミリタリー専門紙かと見まがうほどに、戦闘機などの写真を大量に載せるようになった。

また、オバマ大統領が「北朝鮮はいずれ崩壊する」と発言するや、攻撃機や潜水艦を動員して米空母に対する攻撃演習を即座に実施。その後も、新型ミサイルの試射を繰り返し現地指導している。

今回、対空ミサイルの発射訓練を視察したのは、明らかに米韓同盟に対抗してのものだ。韓国の韓民求(ハン・ミング)国防相と米国のカーター国防長官は2日、ソウルで会談し、北朝鮮の核・弾道ミサイルを先制攻撃で制圧する方策について、突っ込んだ話し合いを行っていたのだ。

対空ミサイルの発射はこうした米韓の動きに対し、「思い通りにはさせない」とのメッセージをぶつけるために行われたのだろう。

しかしそれにしては、労働新聞の紙面から伝わるものが、なんだか“パンチ”に欠けているのだ。

普段の北朝鮮メディアならば、「敵があえてピクリとでも動けば、無慈悲な火力打撃で敵陣を草刈り場にする」とかなんとか、独特のレトリックを利かせて何ともインパクトのあるメッセージを打ち出す。

今回はそれがないどころか、いつものように「金正恩同志が~~現地指導した」という伝え方ではなく、単に「金正恩同志が~~発射を見た」としているのだ。

これは、北朝鮮ウォッチャーならば「おや!?」と思う部分である。その意味するところはもう少し見極めねばならないが、正恩氏の姿勢に、どこか引き気味な所が感じられるのだ。

もっとも、それはそうかもしれない。

これまで、朝鮮人民軍は「無敵」であると言い張ってきたのに、8月の軍事危機では、韓国との「チキンレース」であっさり敗れて謝罪。後になって、「あれは、謝ったわけではない」と強弁する始末の悪さを見せている。

そして今では、正恩氏の「斬首」を狙う米韓の動向におびやかされる毎日なのである。

これだけカッコ悪い思いをすれば、本人がシラけてしまうのは大いにあり得ることだ。

いっそシラけついでに、政権の座から退いてくれれば良いのだが、それもまたありそうにない話だ。それよりはいずれ気を取り戻し、新たな「核の暴走」へと突き進む可能性の方が高いと考えておくべきだろう。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事