あまり知られていないことだが、北朝鮮で携帯電話は既に370万台が普及している。人口がおおよそ2500万人で世帯数は約600万。単純計算だが2世帯に一台以上の普及率だから、決して珍しいアイテムではない。

そもそも、中朝国境地帯では15年以上も前から、中国キャリアの携帯と中国電波を利用した海外通話が密かに行われていた。ただし、こうした海外通話は原則的に違法であり発覚すれば厳罰が待っている。

今年8月には、中朝国境で中国キャリアの携帯電話を使用したことが発覚し、女性3人が秘密警察に逮捕される。その後の取り調べで彼女たちが定期的に韓国に国際電話をかけていたことが明らかになり8月20日に銃殺された。

北朝鮮当局は、こうした違法通話を防ぐため強力な妨害電波を発信して、中国側の住民が大迷惑を被っている。中国当局も北朝鮮に妨害電波の発信を中断するよう求めたが、逆ギレされて中止するから金を出せと要求される始末だ。