計画経済が完全に破綻している一方で、初期段階とは言え市場経済の発展が著しい北朝鮮。マンションの建設にトンジュ(金主、新興富裕層)の投資を誘導したり、工場の一部や閉業した国営商店を個人業者に貸し出して営業させるなどしている。

自転車に荷物を積んで市場に向かう人々
自転車に荷物を積んで市場に向かう人々

北朝鮮で広がる「モノづくり」

北朝鮮の市場経済は、単に市場で物を売るだけの段階を過ぎて、モノづくりが活発になる段階に移行しつつある。これは、当局が家内制手工業や商工業を暗に許容していることがその背景にある。詳細を米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。