北朝鮮が10月、朝鮮労働党創建70周年に合わせ、故金日成主席と故金正日総書記を主人公とした小説を相次いで出版した。

小説はいずれも、外交や内政の難局を、両氏が巧みな政治手腕で打開する様子を描いたプロパガンダ作品。同様の小説は北朝鮮で数多く出版されており、金日成・正日親子を「ヒーロー」として祭り上げるため史実から大きく逸脱した内容となっているが、舞台となった時代の空気や北朝鮮の情勢観を読み取る上では、ある程度の資料的価値があるとされている。

10月3日に発表された『尊厳』(パク・テス著)は、1968年に起きた「プエブロ号事件」が題材。北朝鮮の軍が米海軍の情報収集艦を拿捕。両国の軍事的緊張が高まる中、「金日成主席が鉄の胆力と度胸、天才的な知略と指導力」を発揮する様が描かれていると、10月3日発朝鮮中央通信は伝えた。

国際的孤立も描写か

『尊厳』は、金日成氏を偶像化するため、1972年に刊行が始まったシリーズ「不滅の歴史」の最新作。1990年代の後半からは金正日氏が主人公の「不滅の嚮導(きょうどう)」シリーズも刊行されており、作品数は合わせて数十に及ぶ。