北朝鮮の朝鮮中央通信は31日、国連で北朝鮮が外貨稼ぎのために東南アジア、アフリカ、中東など労働者を5万人以上を派遣し、低賃金で働かせている実態が人権侵害であると指摘されたことに対して反発する朝鮮対外建設局の代弁人の談話を掲載した。

談話では、「ニューヨークで開いた記者会見で、海外に派遣された共和国の勤労者が「強制労働」に直面しているだの、何のと出まかせにしゃべりながらでたらめなほらを吹いた」と名指しはしなかったが、国連のマルズキ・ダルスマン北朝鮮人権特別報告者を非難した。

さらに「海外に派遣されたわが勤労者は、国際法と国内法の要求に合致する労働および生活条件の下で働きながら国の経済発展と対外経済交流の拡大のために努めている」としながら「常な経済交流を『人権蹂躙(じゅうりん)』に罵倒し、国際舞台で取り上げることこそ、この世の外で生きる精神病者の醜態である」と国連における北朝鮮の人権問題告発の動きに猛反発した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。

朝鮮対外建設指導局の代弁人 国連は自分の名を盗用して卑劣な行為をそそのかしている「特別報告者」を除名すべきだ

【平壌10月31日発朝鮮中央通信】国連朝鮮人権状況関連「特別報告者」という者が先日、ニューヨークで開いた記者会見で、海外に派遣された共和国の勤労者が「強制労働」に直面しているだの、何のと出まかせにしゃべりながらでたらめなほらを吹いた。

朝鮮対外建設指導局のスポークスマンは31日の談話で、これは今回の第70回国連総会でまたもや反共和国「人権決議案」を強圧採択しようとする米国など敵対勢力の操りによる世論づくりと名分を立てるための劇の一環であるとらく印を押した。

談話は、「特別報告者」について言うなら、彼は過去、国連の帽子をかぶって主権国家に対する制度転覆を露骨に扇動する発言をしてからも謝罪一言言わずに図々しく振る舞って多くの国ににらみつけられたことのある者であると暴露した。

また、国連舞台で「脱北者」など正体不明の有象無象をかばって反共和国「人権」非難資料の虚偽性が暴露されて恥だけをかき、自分の生計費充当のテコが減るようになった「特別報告者」が、敵対勢力の手先としての自分の余命を長らえようと今回、わが海外勤労者の「人権状況」というものを持ち出したのであると暴き、次のように指摘した。

当該国との合法的な契約によって自発性の原則から海外に派遣されたわが勤労者は、国際法と国内法の要求に合致する労働および生活条件の下で働きながら国の経済発展と対外経済交流の拡大のために努めている。

こんにち、国家間の経済関係において資金と技術ばかりでなく、労働力の相互交流は普遍的な現実になっており、誰もこれを問題視することができない。

このような正常な経済交流を「人権蹂躙(じゅうりん)」に罵倒し、国際舞台で取り上げることこそ、この世の外で生きる精神病者の醜態である。

「特別報告者」という者がはっきりとした根拠もなく、無理やりにいわゆる「強制労働」についてけん伝しているが、彼の主張は結局、すべての海外労働力の雇用はすべて「強制労働」だという奇怪な論理だと言わざるを得ない。

国連は、自分の名を盗用して卑劣な行為をそそのかしている「特別報告者」の妄動に対してこれ以上袖手傍観してはいけず、多くの国の要求通り彼を直ちに除名しなければならない。

    関連記事