朝鮮中央通信は26日、南北離散家族の再会事業の全日程が終了したことを、ごく短く伝えた。その一方、労働新聞は「(再会実現は)共和国の確固たる意志が生んだ結実である」としつつ、「わが民族同士の精神」で南北関係を改善させるべきであると主張している。

北朝鮮は従来、離散家族の再会事業に消極的だったが、最近はこれをテコに、韓国に関係改善を迫る論調を見せている。

一連の報道全文は次のとおり。

北・南離散家族・親せきの面会が終わる

【金剛山10月26日発朝鮮中央通信】去る20日から金剛山で始まった北・南離散家族・親せきの面会が終わった。

北と南の面会者は家族、親戚の安否を伝え、血肉の情を分かち合った。

面会で、わが方の家族、親せきは、社会主義祖国の懐で幸福で誇らしい生を享受してきたことについて述べた。