北朝鮮の厳しい電力難についてはデイリーNKジャパンでも繰り返し報道しているが、電力発電量の伸びの推移も非常に低いことが米国エネルギー情報庁の資料によって明らかになった。

資料によると、2012年の北朝鮮の電力発電量の合計は187億5700万キロワットで、前年2011年と比べてわずか0.13%の増加だった。

他国と比べると、カリブ海のハイチやアフリカのウガンダはGDPが1800ドル前後で北朝鮮と同等の経済規模だがそれぞれ21%、22%増加。北朝鮮の伸び率が非常に低いことがわかる。

ちなみに日本の電力発電量は9664億2600万キロワット、韓国は4996億7200万キロワット、人口が北朝鮮(約2500万人)と比較的近い台湾(約2300万人)は2336億9600万キロワットだった。 人口700万で北朝鮮の3分の1以下であるタジキスタンは175億2900万キロワット。北朝鮮の発電量がいかに少ないかがわかる。